源泉徴収はとりあえずとられておこう

トップページで少し源泉徴収についてお話させていただきましたが、ここではもう少し書いてみようと思います。
源泉徴収はとりあえずの納税と考えておいていいような気がします。
「10000円儲けたから1000円程引いとくね」みたいな感じです。
あまり深く考えても意味はないです。
とりあえず引かれるものと考えておけばいいでしょう。
源泉徴収の対象になるものはさまざまです。
副業でよくある原稿料、講演料、報酬、料金、診療代、モデル料、契約料、作業料、なんでもです。
計算方法は二種類です。
100万円以下は「支払金額 × 10.21%」
100万円以上は「(支払金額 – 100万円)× 20.42% + 102100円」
10.21%となんか中途半端な数字ですが、0.21%というのは平成49年いっぱいまでかけられる復興特別所得税になります。
源泉徴収は1割ほどとられるわけですが、例えば年間100万円の副業報酬があったとすると10万円とられるわけです。
でも多くの場合100万円の報酬の中には必要経費がかかっています。
100万円のうち50万円が必要経費ならば50万円に源泉徴収がかかって5万円ほどが正確な納税額になるわけです。
それを確実にするものが確定申告です。
年末から年始にかけて源泉徴収をした会社や組織から源泉徴収票という紙が送られてきます。
その年先に収めた源泉徴収料が書かれています。
あなたは報酬から必要経費を引いたものを書いた紙とその源泉徴収票を持って税務署に確定申告に行くことになります。
そうすると正確な納税額が出て、多くの場合いくらか戻ってきます。
普通に何かモノを売って得た売上には源泉徴収はかかっていないので確定申告時には所得に応じて納税をすることになりますが、報酬から源泉徴収されている場合は確定申告時には戻ってくるので得した感じがすると思います。
例えば私なんかは、報酬と売上、二種類の収入があります。
売上分の所得にかかる納税は報酬から引かれた源泉徴収の戻り分から払っているので「納税するお金がない」ということにならず安心です。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP