確定申告が必要な人間とは?

トップページで「所得が20万円を超える場合に確定申告が必要」と紹介させていただきました。
もっと詳しく書くとすると
・給与の収入金額が2000万円を超える
・給与を貰っていて、さらに副業等での所得が20万円を超える
・年間38万円以上の所得がある人
等があります。
他にもありますが知りたい方は国税庁のホームページ等を読んでみてください。
お小遣いサイトだけじゃなくオークションやアフィリエイト、FX取引等いろいろな業務で得たお金全てを合わせての所得20万円なので間違えないようにしてください。
ところでみなさんは「所得」とは何かご存知ですか?
例えば10万円で価値のある何かを買って23万円で売れたとします。
23万円で売れたから確定申告しなければいけない。
というのは違います。
23万円は所得ではなく売上です。
23万円から10万円を引いた13万円が所得になります。
今年の分の確定申告は来年の3月にお近くの税務署でやります。
ということで必要なのは今年の帳簿付けになります。
2014年から白色申告でも帳簿付けと領収書の保全が義務になりましたので副業専用の銀行口座を作り、10万円くらいを振り込み、適当な箱に領収書を入れるようにし、事業を展開していくやり方をするといいと思います。
帳簿の書式は自由なので自分でエクセルに作るもよし、インターネットでエクセルのファイルを拾ってくるもよしです。
確定申告をする上でいつも悩むのが必要経費です。
文房具やパソコン、携帯電話、スマートフォン等、実際業務に必要なものを必要経費にすることは常識ですが、交通費や接待費等は悩みます。
在宅ワークで個人の仕事なので交通費や接待、打ち合わせの飲食は無いので0と書けばいいと思いますが、たまにアンケートで出かけることがあります。
そういうときは経費ですので必ずチェックするようにしましょう。
確定申告は毎年の経験がモノを言うと思います。
何年も何年もやっていろいろな情報を得てうまくやるようにしてください。
目指せ黒字申告!です。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP