サラリーマンや公務員がバイトする方法

確定申告についてよく相談されたり揉め事になることがあります。
それは本業で勤めている会社の社則が“副業禁止”でバレたら大変なことになる。
ということです。
「20万円以上儲かってないなら確定申告しなくていい」という話は何度も言ったと思いますが、何をやっても稼げる人がいて50万円とか60万円とか、中には100万円以上も利益が出せるサラリーマンもいます。
正社員という将来安定した位置と、副業で100万円以上も利益がだせるやり手ビジネスマンという最強の男なわけですが会社にバレたら大変という諸刃の剣でした。
会社側が、サラリーマンが副業をしていることを知る方法は住民税の支払い時です。
サラリーマンは住民税の支払いを給料から一緒に源泉徴収する流れになっています。
その時に住民税の額が多いとなぜそうなったか?となって調べられ、バレます。
そうならないようにサラリーマンが確定申告する時は、住民税の欄の「住民税の特別徴収か普通徴収にチェックを入れてください」という部分で「普通徴収」にチェックを入れるわけです。
これでバレなくなります。
しかしそれでもバレることはあるそうです。
それに対する対策として・・

奥さんがいる人限定ですが、奥さんにやらせるのです。
どういうことかというと、奥さんが個人事業主になります。
請求書も奥さんの名前になります。
振込み先も奥さんの口座です。
でも奥さんはそんなに上手く仕事できないでしょう。
だからあなたはそれを手伝うんです。
奥さんは提案したり指示はできるのでしょう。
あなたは奥さんの指示通り働きます。
でも愛する妻の頼みごとなのでお金はとれません。
無償で奥さんの手伝いをします。
この方法はよく公務員がやるそうです。
公務員はバイト禁止なのですが実家の農家を手伝うとか持ち家を貸すとか、大小いろいろな仕事があるそうです。
それを奥さんにやらせて自分はバイトしていないように上手くやるんだそうです。
いろいろな方法で隠れてバイトするサラリーマンや公務員がいるようです。
非正規で一生懸命働いてさらに別の仕事もするという人も多いのに・・

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP